57年になった我々について体力的に受けとることと鏡を見て思える言動

まずお酒だ。売買の昨日お酒を飲んでも5日にち寝れば翌日は多少の二日酔いの感はあるものの、どうって実例弱い状勢でした。これは45歳くらいまでは大丈夫だったですが、最近は6日にち寝ても7日にち寝てもお酒が抜けず、翌日は会社で地獄の一日になります。真面目若い頃は夜の繁華町に行くともう最初軒もう最初軒という状態で抱腹絶倒見通しがありましたが、今の我々は、早く帰って寝たいの一心しかありません。次に軽手順だ。20価格30価格は汗をかくのが楽しかっただ。交代を肌で感じるみたいでした。40価格からちょっとくたびれるようになりました。現在はどうかというと、うつむいて底を向くだけで血液がのぼってフラッと決める。少し動いて汗が出ると、小休憩したくなります。そうしてその汗が退化臭を誘起しそうで怖くなっていらっしゃる。
最後に鏡だ。日毎朝夕のハミガキところ自分の面持を見ていらっしゃる。まぶたがたれ、ほほもたれ口元は年配みたいです。死んだおっさんとそっくりになってきました。若い頃は、昨今でいうハンサムでならしていましたが、その影もありません。ヘアも面倒なので角刈りにしているので余計にお婆さん風に見えてきます。そんなあたいを見てどうかしたいと思ってもどうしようもありません。秒間361万つぶやきを処理、鍼灸整骨院システムの“今”