がんばってハミガキしているのに、虫歯になりやすいのはどうして?

昔から、歯みがきには難しい父母でした。「歯みがきは念入りに5パイ上記」「食べたらすぐ磨く」「おタイプを食べてもすぐ磨く」「甘いものは時々しか食べてはいけない」といったキッズにはなかなか厳格な文句の種、虫歯にならないように我ながらがんばって歯を磨いていたように思います。苦労ですなと思いながらも、サボった事はありませんでした。それなのに、何故か、スクールの歯科検診で虫歯が見つかり歯医者に向かう状況に。失望でした。個々よりもはるかに歯みがきに対して不本当で、こっそり甘いものを食べたり歯みがきをサボったりやる弟の側は虫歯になっていないのに。父母も、何でお前が虫歯に上るんだろうと首をひねっていました。虫歯になってしまって以来も、これ以上悪化しないようにそれまで以上に歯みがきに注力したのですが、そのスタートむなしく虫歯は増えていったのです。磨きほうが低いのか、元々虫歯になりやすいマンネリ(というものがあるのか分かりませんが)なのか、小学生時代の物事ですのでもう20カテゴリー傍ら昔の事ですが、スタートが報われない悲しさを俺は歯みがきによって行う案件になりました。ドキ!丸ごと!水素水だらけの水泳大会